乗り物

赤ちゃん連れ・子連れでの【サンダーバード】乗車 〜多目的室・座席選び・予約について〜

電車を使って関西方面〜石川県間を移動する場合、使う頻度が高いのが特急サンダーバード!

今回は子ども連れでサンダーバードに乗る時の座席の取り方や車内での過ごし方をご紹介していきたいと思います。

実は赤ちゃん連れに優しいサンダーバード

普段新幹線にはあまり乗らないので新幹線事情はわかりませんが・・・サンダーバードには多目的室という赤ちゃん連れ・子ども連れには神の様な場所が存在します。

f:id:haaanaaa_0524:20180106165637j:image

多目的室は完全個室(鍵をかけることが可能)になっていて、授乳はもちろん!オムツ替えや子どもの服が汚れたとき、ここで着替えをすることもできます。

はな乃

これは有り難すぎる!

普段はすんなり出来ることでも場所が違ったり、急に子どもが泣き出したりして・・・周りに迷惑をかけないように冷や汗を流しながらあたふたしている時もあるので(笑)

また車両間にあるので、泣き声も気にならない(ん?多少は外にも聞こえてるのか?いや。大丈夫なはず)のも有難いポイント!

ただ、多目的室といっても子ども連れ専用ではないので、急病の方や他に必要としている方がいればすぐに使えない場合ももちろんあります。

子ども連れにオススメの車両

子ども連れの場合、4号車(車両によって違うときがあるので、切符を予約するときに『多目的室』が近くにあるかチェックしてくださいね!)がオススメ!

5号車は自由席になるので、指定席が取れる上に多目的室が1番近い車両が4号車(車両間の移動が出来ない車両もあるので、多目的室を利用する時には注意が必要です。)

私は確か13A・13B(とにかく出口に1番近い席)の車両の1番後ろの席を取ったのですが、出口も近いし、コンセントもあるしでとても快適でした。

オススメの車両
  • 子ども連れの時は多目的室に近い4号車(指定席)を予約
  • 4号車の10列目以降なら出口に近いのでなお良し!

予約時は座席表で多目的室が近いか必ずチェック!

ちなみに!

生後11ヶ月の娘でも子供料金を支払えばひと席確保する事ができるので、いっそのこと席を取ってしまった方が一緒に乗る赤ちゃんにも親も負担は少ないかなと思います。

はな乃

多少お金はかかりますが、席を確保することで気持ちのゆとりが違いました!

f:id:haaanaaa_0524:20180106163055j:image

多目的室の使い方

多目的室には必ず鍵がかかっているので、多目的室を利用したいときにはまず車掌さんに声をかけます。車掌さんは部屋の鍵を携帯しているので、声を掛ければいつでもあけてくれます。

はな乃

私が声を掛けた時もとても優しい車掌さんで「ゆっくり使って下さいね。」と言われ、それだけで嬉しかったな〜。

f:id:haaanaaa_0524:20180106165951j:image

部屋は鍵を掛けられる完全個室。防犯の為にも必ず施錠しましょう!

トイレ付近にあるので、間違えてあけられる可能性も・・・?

f:id:haaanaaa_0524:20180106163057j:image

使い終わった後は電気を消し、鍵は開けたまま部屋を出て大丈夫。車掌さんが後で閉めに来てくれます。

予約はここから

事前に予約したい時にはいつでも予約できるJR西日本予約ネット公式サイトからがオススメ。

はな乃

私もサンダーバードはいつもここから予約しています!

JRと宿泊セットで予約するならセットプランがオススメ。

はな乃

旅行ならきっとお得なセットプランが見つかるはず!

最後に

この部屋、居心地が良すぎてついつい長居したくなっちゃいます(笑)でも他に使いたい人がいるかもしれないので、授乳・オムツ替えが終われば自分の席へGO!

私はこの多目的室があるだけで、赤ちゃん連れ・子ども連れでの電車移動のハードルがぐっと下がりました!逃げ場があるのとないのではやっぱり違いますよね。

まだまだ小さくて騒がしい我が子。

落ち着いて電車に乗れる日がくるのはいつになることやら・・・。